子宮内膜症は漢方で解決~自然の力で治す~

医者

漢方を利用する

漢方

女性には子どもを育てるために子宮が備わっています。卵子と精子が受精した際に生命を育むための臓器として知られています。子宮の一部である卵巣器官では女性ホルモンを作り、ます。この女性ホルモンの刺激が強い場合、通常なら月経となって身体の外に排出される卵子が逆流して腹部の方へ行くことによって子宮内膜症を引き起こしてしまいます。通常であれば体外へ排出される血液が卵管を逆流して腹部にとどまってしまうため月経痛が悪化してしまうようです。子宮内膜症になりやすいと言われているのは20代から40代の女性で、月経周期が短くても月経期間が長いとなりやすいと言われています。しかし、詳しい原因は未だにわかっていないようです。閉経になると女性ホルモンの分泌も減るため、子宮内膜症になってしまうリスクは減ります。子宮内膜症は不妊症や月経困難症、不正出血など様々な症状があるので当てはまるものがあれば検査を受けてみましょう。子宮内膜症の場合、確証的な原因はよくわかっていませんが、漢方で体質改善を行なうことで発症を防いだり症状を緩和したりすることが出来るので漢方の力を利用してみるのも良いでしょう。漢方薬は昔から症状や体質に合わせて調合されたものを飲むことで健康を保つことが可能なので、まずは近くの漢方薬局を訪れてみると良いでしょう。特に、生薬などを扱っているところは煎じ薬を利用しているので通常のものよりも高い効果を発揮してくれるのです。

看護師

画期的な治療方法

何気ない行動が引き金になり発病する椎間板ヘルニア。従来の治療法は切開手術でしたが、傷跡が残るなど精神的にも肉体的にも大きな負担がありました。最新のレーザー治療では、傷跡もほとんど残らず効果的な治療ができます。

看護師

ホルモンバランスの崩れ

女性に多いとされている更年期障害はホルモンバランスの崩れからくる変化です。そのため、近年では女性だけの変化ではなく男性にも男性ホルモンの低下やストレスなどで発症してしまう事がわかっています。

病院

パソコンと自律神経

自律神経失調を予防するためには、ストレスについて知る必要があります。ストレスには種類があります。精神的、構造的、化学的、温度・湿度的の4つです。それらは全てストレスとして蓄積され、たまることで自律神経失調を招くのです。